01.ICタグ・RFタグのメモリ構造

ICタグ・RFタグの中にあるICチップには、「RESERVEDメモリ」「EPCメモリ」「TIDメモリ」「USERメモリ」の4つのメモリ領域が用意されています。

ICタグの中にあるICチップには4つのメモリ領域があります
参考情報
「ICタグ・RFタグの基礎知識」では、ICタグの基本構造についてご紹介しています。詳しくは「RFIDとは?(基礎知識編): ICタグ・RFタグの基礎知識」をご覧ください。

「ICタグ・RFタグの基礎知識」へ移動

01-01.RESERVEDメモリ

後述するICタグの「ロック機能」や、ICタグの「無効化(Kill)機能」で使用されるパスワード情報を保存するための領域です。下記の2つの領域で構成されています。

Access Password領域
ICタグへの書き込みをロックするために使用する、パスワード情報を保存するための領域です。
Kill Password領域
ICタグを無効化(Kill)するために使用する、パスワード情報を保存するための領域です。
ICタグのメモリ領域(RESERVED):ロック・無効化機能のパスワードが保存されています
参考情報
「ロック機能」と「無効化(Kill)機能」については、「02. ICタグ・RFタグの制御」でご紹介しています。

01-02.EPCメモリ

ICタグを識別するために使用するコード情報の領域です。EPCメモリは下記の3つの部分で構成されています。

CRC領域
ICタグのコード情報が正しく読み書きできたかどうかを検証するための領域です。この領域はユーザー自身で書き込むことができません。
PC領域
ICタグの種類や通信方式に関する情報を格納する領域です。
UII領域
ICタグのコード情報を格納する領域です。一般的に、この領域には国際的に標準化された「EPC識別コード」を格納することが推奨されています。RFIDを自社のみやグループ企業でのみ導入する際は、独自のIDコードを書き込みして使用する場合もあります。
ICタグのメモリ領域(EPC):タグを識別するための情報を保存します
参考情報
EPC識別コードとは?
GS1識別コード(代表的なのは日本でも広く使われる13桁のJANコード)に対して、シリアル番号を付加して個体識別できるようにしたコードの総称です。何を識別するかによって呼び方は異なりますが、例えば、モノ・製品を管理するGS1識別コードは「GTIN(JANコード)」となり、それにシリアル番号を付加して「SGTIN(Serialized GTIN)」と呼びます。
EPC識別コードを使用するには、GS1事業者コードを取得する必要があります。グローバル標準のEPC識別コードは重複のないユニークなコードのため、国内外でのシステム運用が可能です。
SGTINとはGTINコードにシリアル番号を付加したグローバル標準のコードです

01-03.TIDメモリ

「TIDメモリ」はICタグの製造時にメーカーによって書き込まれる領域で、チップセットや製造業者の情報が保存されます。

このTIDメモリ領域は基本的にユーザーによる書き込みができず、読み取りのみが可能です。

ICタグのメモリ領域(TID):製造業者の情報が保存されています

01-04.USERメモリ

「USERメモリ」はユーザーが自由にデータを読み書きできるように用意された領域です。コード情報を書き込む際は、EPCメモリに標準化されたEPC識別コードを書き込み、このUSERメモリに企業が独自に使うコードを書き込むのが本来の使い方になります。

ICタグによってはこのUSERメモリ領域が存在しない場合もあります。また、EPCメモリのようにコード情報を高速に読み書きできない場合もあるため注意が必要です。

ICタグのメモリ領域(USER):データの書き込みができます

02.ICタグ・RFタグの制御

02-01.ロック機能

予期せぬ書き込みを防止

ICタグのメモリ領域を意図しないアクセスから保護するための機能です。前述した4つのメモリ領域「RESERVED」「EPC」「TID」「USER」それぞれに対して、個別にロックをすることができます。例えると、SDカードの書き込み防止のような機能です。

なお、基本的には書き込みに対するロックであり、読み込みに対する制限はできないことに注意してください。

ICタグの機能(Lock):書き込みを防止します

02-02.無効化(Kill)機能

ICタグを受信できない状態にする

ICタグの情報を不必要に読み取られることを防ぎ、プライバシーを保護するため、ICタグの機能を止めて読み取れないように無効化(Kill)することができます。

無効化されたICタグは、解除を行うことはできず、二度と読み取りや書き込みができなくなります。

ICタグの機能(Kill):機能を無効化し、読み取りをできなくします