01.CASE 1「小売店舗」

小売店での商品管理:棚卸作業を短時間・少人数で行えます

時間のかかる商品管理を効率化し、コア業務の生産性向上へ

小売店舗におけるRFID導入のメリットは、コア業務である商品の販売や接客の機会を最大化できることにあります。

長時間かかる棚卸作業は人員確保にも大きな負担を強いられます。RFID化することで、短時間および少人数体制での運用が可能となり、コスト削減にもつながります。

主な活用方法

  • 棚卸(店頭・バックヤード)
  • 商品の欠品・補充
  • 入出荷検品業務
  • 店舗間の在庫移動
  • セルフ会計
  • カート管理
  • お直し品管理
  • 試着商品のカウント

小売業 の導入事例を見る ページを移動します

02.CASE 2「病院・医療施設」

医療施設でのチェック体制の強化:カルテや投薬管理の人的ミスを低減します

ミスを低減するチェック体制づくりと院内資産管理を簡略化

正確性が求められる医療施設では、チェックや管理体制の強化をRFIDでサポートすることで人的ミスを低減します。

また、ME機器の利用状況確認、病室の備品や家具の移動チェックなど、スムーズな情報共有と管理業務の簡略化を実現します。

主な活用方法

  • ME機器管理
  • 院内資産管理
  • 医学書管理
  • カルテ管理
  • リネン品管理
  • 投薬のダブルチェック
  • 医療器具の滅菌管理

03.CASE 3「オフィス」

オフィス内の備品や書類の管理:備品の持ち出しや入退室状況を把握できます

什器・備品・書類の管理はもちろん、非常時の安否確認にも有効

オフィス内における、什器や備品、契約書類、各種記録メディアなどの管理を効率化します。また、社員が利用するパソコンの所在管理をIT資産管理と併用することで、セキュリティを更に強化できます。

また、RFIDでできることはモノの管理だけではありません。例えば、社員証を読み取ることで避難訓練や災害発生時の迅速な点呼(安否確認)が可能です。

主な活用方法

  • 社内備品管理
  • 書類の持ち出し管理
  • 廃棄管理
  • 記録メディア管理
  • 入退出モニタリング
  • 鍵管理
  • 機密文書管理のセキュリティ強化

04.CASE 4「物流・倉庫」

物流倉庫の在庫管理:高所の確認作業を必要とせず、安全で効率的な運用ができます

短時間 × 少人数体制で実現、入出荷作業や在庫管理を省力化

RFIDの強みである非接触・一括処理によって、入出荷作業や在庫管理を短時間・少人数体制で運用できるメリットがあります。

その他、高所に保管された在庫をはしごを使わずにチェックすることで効率化と同時に安全対策を実施したり、フォークリフトや人の動線を可視化することで稼働率を分析したりできます。また、毎日出入りするパレット・カゴ車の管理や車両の入退場管理といった用途にも活用されます。

主な活用方法

  • 入出庫検品
  • 在庫管理
  • 棚卸
  • 倉庫内の動線管理
  • ロケーション管理
  • カゴ車・パレット管理
  • 車両の入退場管理
  • 設備保全管理

物流・倉庫 の導入事例を見る ページを移動します