延長保育のタイムレコードをRFIDで自動化

  • システムインテグレータ

有限会社カムイン 様

園児によってバラつきのある延長保育の記録を自動化。負担になっていた降園時間の再確認がゼロに。

導入の概要

お客様プロフィール

有限会社カムイン 様
主な事業内容:ソフトウェアの受託開発、プリンター保守サービス、自社パッケージソフトウェア販売、IT機器の販売
https://comein.co.jp/
エンドユーザー

学校教育

保育所様
導入製品 TS100シリーズ
規模 2台
機器選定のポイント 導入先の保育所は同じ敷地に2棟あり、それぞれの昇降口が離れているためアンテナケーブルを引くことが困難であった。また、配線作業にかかるコストが課題になっていたが、TS100シリーズは無線LAN接続が可能でアンテナの配線が不要になるため。
用途 延長保育の降園時間管理
導入の背景 エンドユーザー様より「保育時間を手書きで管理しているため、延長保育の時間が正確に把握できず確認に手間取っている」と相談を受け、RFIDによる記録の自動化を提案した。
導入の効果 保護者に持たせたICカードで延長保育の降園時間を自動的に記録できようになり、今まで何度も行っていた確認の手間がなくなった。
さらに、カードをかざした際に園児の画像を表示したり、メッセージやバースデーソングを再生したりして、時間管理+αを実現している。
延長保育のタイムレコードをRFIDで自動化

導入製品

TS100シリーズ

設置が簡単な卓上型