リーダー性能をアプリで体験・評価

iOS版・Android版アプリについて

iOS & Android

iOSとAndroidでお使いいただける専用アプリ「RFID BOX」です。

「RFID BOX」はRFIDリーダーの電波強度やブザー音量などの基本設定をはじめ、ICタグの読み取り・書き込み・探索機能を備えています。また、電波強度を調整して読み取り距離に変化を出したり、隠したICタグを探索機能で見つけたりするなど、初めての方でも本格的な機能を簡単にお使いいただけます。すでにRFIDリーダーをご購入のお客様はもちろん、評価中のお客様も本アプリをお試しいただけます。


スクリーンショット

※ アプリ画面はAndroid版です。


「RFID BOX」ができること

リーダー設定

細かいリーダー設定が行えます。

電波強度や電波照射時間を簡単に設定することができます。設定内容はリーダーにインポートまたはエクスポートできます。

読み取り

ICタグの読み取りを行えます。

ICタグを読み取ることができます。電波強弱やICタグの詳細情報を見たり、一定時間内の読み取り枚数やスピードを計測できます。

探索

ICタグの探索が行えます。

UHF帯の特長を活かして特定のICタグを探しだすことができます。RFIDソリューションでは、紛失物の探索などに利用されています。

書き込み

ICタグの書き込みが行えます。

ICタグにデータを書き込むことができます。データはご自身で採番できるほか、自動採番機能もあります。


「RFID BOX」の使い方

STEP1:端末のBluetoothを有効にします。

アプリを起動し、Bluetoothを有効にします。

STEP2:アプリのリーダースキャンをタップします。

対応するRFIDリーダーの電源を入れ、アプリの「リーダーを探す」をタップします。

STEP3:リーダーとペアリングします。

使用するリーダーを選択してリーダーから「ピピッ」と音が鳴れば接続は完了です。

STEP4:ICタグの読み取りや探索などの機能が使えます。

アプリでICタグの読み取り・書き込み・探索が行えるようになります。