廃棄物用回収カゴの確認時間を10分の1以下に短縮

  • 物流・倉庫

株式会社SAYコンピュータ 様

RFIDトレーサビリティシステムに採用。廃棄物用回収カゴの受け入れ管理をバーコードから切り替え、作業時間を短縮。

導入の概要

お客様プロフィール
株式会社SAYコンピュータ 様
主な事業内容:環境構築からのソフトウェア開発全般 など
導入製品 DOTR-900Jシリーズ(高出力モデル)
用途 スマートフォン+クラウド+RFIDを活用したトレーサビリティシステム「See-Trace」にて使用。
事例:廃棄物用回収カゴの受け入れ管理。
なぜ採用したか Android OSに対応し、スマートフォンと連携できるRFIDリーダーであること。安価であること。
期待すること(成果) バーコード管理からICタグへ切り替えることで、作業時間の短縮を図る。
廃棄物用回収カゴの受け入れ管理では、一時保管からの搬出時と処分場所での受け入れ時に確認が必要で、その管理をバーコードで行っていたが、読み取りに時間がかかっていた。システムを導入し、ICタグで運用したことにより、回収カゴの読み取り時間が従来の約10分の1以下に短縮され、効率化を実現できた。
廃棄物回収カゴの受け入れ管理

導入製品

DOTR-900Jシリーズ

小型・軽量 & マルチOS対応